【ベイコンシェル】ベイコート倶楽部の中古会員権購入の専門サイト


 

 

【このサイトの目次】

 

 

 

東京ベイコート倶楽部ロイヤルスイートの取扱物件

 

当サイト 880万円17階(中古市場最安値)
リゾートステーション 970万円(19階)
マイリゾート 在庫なし
アスレ 在庫なし
e会員権 950万円(21階)

 

⇒目次に戻る

 

※このページの写真は当サイトが独自に撮影したものであり、著作権は当サイトのものとなります。

 

 

東京ベイコート倶楽部ベイスイートの取扱物件

 

当サイト 300万円7階(中古市場最安値)
リゾートステーション 320万円(10階)
マイリゾート 310万円(7階)
アスレ 322万円(6階)
e会員権 310万円(6階)

 

⇒目次に戻る

 

※このページの写真は当サイトが独自に撮影したものであり、著作権は当サイトのものとなります。

 

当サイト認定の優良仲介業者のご紹介

 

はじめまして、高山幸司と申します。

 

東京ベイコート倶楽部やエクシブなどの、いわゆる「リゾート会員権」の売買の業界は、情報開示が不透明なのが現状です。

 

多くの仲介業者は「自社の販売価格」は開示していますが、「他社と自社との価格比較」は開示していないことがほとんどなのです。

 

これでは、お客様側は「相場価格がどれくらいなのか?」が分かりませんよね?

 

しかし私は、このサイトを通じ「他社との価格比較」も公平に公表しております。

 

「お客様が一番得すること」をモットーに、公平性の高いご提案をさせていただいております。

 

ベイコート倶楽部の会員権に関することであれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にこのサイトからお問い合わせください。

 

 

⇒目次に戻る

 

 

ベイコートクラブの中古会員権購入までの流れ






 

 

お問合せ ⇒ 弊社からご連絡

まずは、当サイトの申込フォームからお問い合わせください。
お問い合わせをしていただくと、こちらから折り返しのお電話をさせていただきます。
その際に、お客様のご要望をお聞きし、当サイトで取り扱いの中古ベイコート会員権のご説明・ご提案をさせていただきます。
その後、もし購入される中古ベイコート会員権が決まりましたら、申込の手続きに移行させていただきます。

 

中古のベイコート会員権の購入手続きには、下記の3つがあります。
1.名義変更手続き
2.リゾート会員権発行社の審査
3.登記移転の手続き

 

 

まずは名義変更から

まずは、あなたが購入予定のベイコート会員権の「名義変更手続き」を行います。
最初に売主側が名義変更の手続きを行い、次に買い手側(あなた)に名義変更の手続きを行っていただく流れとなります。
もちろん、当サイト協賛の優良仲介業者がお手続きを完全フォローアップいたしますので、面倒な手続きは一切ございません。
この間、約1週間〜10日ほどかかります。また、この時に申込金(10万円)を仲介業者側にお支払いいただきます。

 

 

発行社へ書類郵送・審査開始

両社の名義変更の手続き書類が整いましたら、リゾート会員権発行社へ書類を郵送いたします。
この時に、リゾート会員権発行社への「名義変更料金」のお支払いを行っていただきます。
郵送が完了いたしますと、リゾート会員権発行社にて、あなたの入会審査が行われます。

 

 

審査完了後、登記移転手続きへ

入会審査に通過すると、2〜3週間後に司法書士が登記移転書類を作成・手続きを行います。
この登記移転書類を作成・手続きの際に、「購入代金、登記移転費用、マッチングコンサル料金、月割年会費」のお支払いをしていただきます。

 

※購入代金は、物件の売主様にお支払いいただく代金です。
※登記移転費用は、司法書士へお支払いいただく費用です。
※マッチングコンサル料金は、弊社の認定業者への仲介手数料のことです。
※月割年会費は、売主さんに返金する代金となります。

 

 

名義変更完了 ⇒ ベイコート利用スタート

登記移転の手続き後、約2週間ほどで不動産権利証が発行され、ベイコート会員権の名義変更が完了します。
その際にあなたの「ベイコート倶楽部の会員証」が発行されます。会員証が届いたら利用スタートとなります。

 

 

⇒目次に戻る

 

 

中古会員権の契約に必要な書類

 

東京ベイコート倶楽部の中古会員権を購入する場合、2つの書類が必要となります。

 

まず1つ目に、印鑑証明。これは個人名義でベイコート会員権を契約するのであれば、個人の印鑑証明が必要になります。
逆に、法人名義でベイコート倶楽部を契約する場合、法人の印鑑証明が必要となります。
どちらの場合にも必ず2つ必要となります。

 

そして2つ目に必要なのが、住民票か登記簿謄本です。個人でベイコートを契約するのであれば住民票1通が必要となり、法人名義でベイコート倶楽部を契約する場合は登記簿謄本が2通必要となります。

 

 

⇒目次に戻る

 

 

中古ベイコート会員権に関する質問集

 

 

ベイコートの会員権を「新規で買う場合」と「中古で買う場合」の違いについてですが、
まず、リゾート会員権は「権利商品」なので、品物のように変色や欠損があることはありません。
また、リゾート会員権の譲渡(売買)は「最初に発行した時の約定に定められた権利」をそのまま移すだけです。
ですので、「中古だから」といって待遇やサービスに違いがあるわけではありませんので、ご安心ください。

 

 

 

「中古で購入したベイコート会員権は、再度売ることはできますか?」というご質問をよくいただきますが、もちろん売却も可能です。ただ、ベイコート倶楽部の会員権の場合、購入後5年が経過したら売却可能となります。

 

 

⇒目次に戻る

 

 

ベイコンシェル利用者の口コミ

 

 

 

 

 

⇒目次に戻る

 

 

物件お問い合わせフォーム

 

お問合わせをいただきましたら

こちらから担当が折り返し

お電話させていただきます。

 


(必須)

例)山田 太郎


(必須)

※お電話致しますのでご連絡が取れる番号でお願い致します ※ハイフンなし


(必須)

例)mail@example.com


(必須)


(必須)

例)東京ベイコートラグジュアリー14階

※こちらから折り返しお電話させていただく際の「ご希望の時間帯」などがあればお書きください。

東京ベイコート倶楽部の会員権を売却したい人はコチラ